*難聴を自宅で簡単に改善 今後、難聴に悩む必要なんてありませんよ。

難聴・代表疾患

トップページ

難聴疾患

難聴をおこす代表的な疾患

難聴を起こす疾患は様々です。また、難聴の起こり方も様々あります。それでは疾患名と、それが引き起こす難聴の種類。その経過などを紹介します。

【突発性難聴】・・・感音難聴

【外耳道奇形(外耳道閉鎖症)、耳小骨奇形(中耳奇形)】・・・感音難聴

【音響外傷】・・・主に感音難聴。回復得る。

【外リンパ痩】・・・感音難聴。蝸牛窓や前庭窓が閉鎖すれば回復する。

【奇形】・・・耳に奇形があると、伝音難聴や感音難聴を引き起こす。

【内耳奇形】・・・感音難聴

【聴神経腫瘍】・・・感音難聴

【腫瘍】・・・主に感音難聴を引き起こす。

【脳腫瘍】・・・部位によっては感音難聴が起こり得る。

【騒音性難聴】・・・感音難聴。事実上回復しない。

【中毒性内耳障害】・・・感音難聴。耳毒性のある薬剤が原因。

【内耳炎】・・・感音難聴

【ウィルス性内耳炎】・・・感音難聴。麻疹・風疹によって引き起こされることも。場合によっては、高度難聴以上の感音難聴となることも。

【髄膜炎内耳炎】・・・感音難聴。回復は難しく中途失調となることも。

【中耳炎性内耳炎】・・・感音難聴。急性中耳炎では回復もあるが、慢性中耳炎が起きていると炎症が慢性化し、感音難聴が回復不能となることがしばしば。

【メニエール病】・・・低音域から始まる感音難聴が特徴。次第に中音域や高音域も感音難聴となってゆく。

【鼓膜損傷】・・・伝音難聴

【耳硬化症】・・・初期は伝音難聴。進行すると感音難聴も生じて混合難聴となる。

【耳小骨離断(耳小骨連鎖離断)】・・・伝音難聴

【頭蓋骨折】・・・骨折の状態になる。中耳へのダメージがあれば伝音難聴。内耳へのダメージがあれば感音難聴。混合難聴もあり得る。

【中耳炎】・・・伝音難聴。内耳へ炎症が広がると感音難聴が起こる。

【急性中耳炎】・・・急性中耳炎なら伝音難聴。また回復も見込める。内耳炎を併発すると感音難聴も生じる。(中耳炎性内耳炎)

【浸出性中耳炎】・・・伝音難聴

【真珠腫性中耳炎】・・・初期は無症状か伝音難聴。真珠腫の巨大化に伴い内耳が破壊さえ感音性難聴生じ、混合難聴となることもある。

【慢性中耳炎】・・・伝音難聴。次第に耳小骨に悪影響が出て難聴が回復不能となる。内耳炎の併発すると混合難聴も生じる。(中耳炎性内耳炎)

老人性難聴】・・・伝音難聴・感音難聴の両方を起こし得る。伝音難聴は耳小骨などの動きが悪くなるため、感音難聴は蝸牛の有毛細胞などの機能が低下するため。

【機能性難聴】・・・既述の通り、症状が一定しない。



上記の情報は、下記の方から提供頂きました。是非!ご覧ください。
>> 今野式難聴改善エクササイズ



a:635 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析