*難聴を自宅で簡単に改善 今後、難聴に悩む必要なんてありませんよ。

耳の聞こえるしくみ

トップページ

耳の聞こえるしくみ

私達が普段話している話し声 ・ 犬や猫などの鳴き声 ・ ピアノやヴァイオリンの音色 ・ 食器などがぶつかり合う時の物音 ・ 救急車のサイレンなど、私達の日常生活の中には様々な音があります。人はこうした音をどのように聞いているのでしょうか?音は耳(耳介)から耳の穴(外耳道)を通り鼓膜まで達します。

鼓膜には小さな骨(耳小骨)がついていて、この小さな骨が蝸牛に繋がっています。蝸牛から聴神経を経て脳に伝わり、音が聞こえたように感じるのです。耳介から鼓膜までを外耳、鼓膜から耳小骨までを中耳、蝸牛を内耳という分け方もあります。音は、空気の振動→鼓膜の振動→骨の振動→耳の振動→電気信号と色々な姿に変化して伝わっていきます。

音は空気の振動として耳介から鼓膜まで達します。音は、鼓膜では膜の振動に変わり、3つの耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)では骨の振動に変わり、梃子の原理(音圧増強作用)で更に増幅され、アブミ骨により蝸牛へと伝わります。蝸牛(かぎゅう)の中には、リンパ液と言う液体が満たされていて、音の振動がリンパ液を流動させ、蝸牛の基底板が振動をおこし、水の振動へと変わります。蝸牛には約3万とも、4万ともいわれている、有毛細胞と言う細胞があり、水の振動でこの有毛細胞を刺激することによって、有毛細胞が興奮し、聴毛が揺れます。

毛が揺れることで有毛細胞に電気が起こり、聴神経の蝸牛神経を振動させ、音は電気振動として聴神経を伝わって延髄→脳幹→脳脚→大脳皮質に達します。そこで、私達は初めて音として感じ、言葉や音として認識する仕組みになっています。このように小指の爪ほどの小さな耳の器官は、それぞれ重要な役割を果たしていて、とても巧妙に作られているのが耳の仕組みです。

この過程のどこか一つでも音が伝わりにくくなると聞こえない、聞こえにくいといった難聴となります。難聴には、中耳炎などにより鼓膜がうまく動かない、有毛細胞が病気、劣化などにより、電気信号を伝えられないなど様々な原因があります。



上記の情報は、下記の方から提供頂きました。是非!ご覧ください。
>> 今野式難聴改善エクササイズ




a:645 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析