*難聴を自宅で簡単に改善 今後、難聴に悩む必要なんてありませんよ。

特発性両側性感音難聴

トップページ

特発性両側性感音難聴

中年になると、様々な難聴の原因をかかえるようになります。聞こえにくくなるのを年のせいだと思っていると、思わぬ耳の病気が潜んでいる場合もありますから注意してくださいね。30~60代に目立つ急性の難聴の原因には、突発性難聴や急性低音障害型感音難聴、それにメニエール病や外リンパ瘻(ろう)などがあります。

精神的なストレスや寝不足が下地になると見られています。それらの難聴は『感音難聴』と呼ばれます。耳で集められた音は、鼓膜に伝わり、その奥で音の高低や大きさを確認するセンサーである蝸牛(かぎゅう、カタツムリのような形をしていることからそう呼ばれる)に伝えられます。この蝸牛周辺に何らかの問題があって聞こえにくくなるのがこの『感音難聴』なのです。


  • 症状と診断

急性低音障害型感音難聴の患者が訴える症状は、耳が詰まった感じ(耳の閉塞感)が一番多く、続いて「ゴー」や「ザー」という低い音の耳鳴り。高い音は普通に聞こえるので、難聴としてではなく、耳が詰まったような感じがするとか、耳の中に水が入ったように感じると訴えるケースも多いものです。

診断には、聴力検査を行います。急性低音障害型感音難聴では、老人性難聴とは反対に低い周波数が聞こえにくいのが特徴。同じような症状では聴神経の腫瘍も考えられますが、急性低音障害型感音難聴では、CtやMRIに異常はみられません。


  • 特徴

急性低音障害型感音難聴は、20代~40代の特に女性に多く、女性対男性の比較は2対1くらいです。発症はストレスが引き金といわれ、医師や看護師にも多く見られます。またこの10年位は不景気のせいか、証券マンや銀行マンの患者も少なくありません。発症のきっかけは職場での人間関係や心配ごとなどの精神的なストレスばかりでなく、風による体調不良や、睡眠不足・慢性疲労など肉体的なストレスも含まれます。こうした心身の疲れがあると、血管の流れを調節する自律神経の緊張状態を作り、血の巡りが悪くなります。特に内耳の血管は非常に細かいため、ストレスの影響が出やすいのです。



上記の情報は、下記の方から提供頂きました。是非!ご覧ください。
>> 今野式難聴改善エクササイズ




a:960 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析