*難聴を自宅で簡単に改善 今後、難聴に悩む必要なんてありませんよ。

小児科難聴

トップページ

小児難聴

小児難聴は、1000人に2~3人くらいの割合で発症すると言われています。小児難聴の原因は先天性によるものが大きく、様々な原因が挙げられます。小児難聴の原因は、遺伝であったり、妊娠中に風疹にかかったり、ヘルペスなど特定のウィルスに感染した場合に小児難聴を発症すると言われています。また、妊娠37週未満での早産や、幼少期に頭に外傷を負ったり、髄膜炎や水痘・麻酔などの感染症にかかったり、中耳炎を悪化させてしまったりと、様々な原因が挙げられます。

その他、これらの原因に当てはまらない原因不明の小児難聴もあります。小児難聴は、一日でも早く発見し治療を開始する必要があり、発見や治療が遅れると難聴だけでなく、言葉の発達にも障害を及ぼしてしまう確率が高くなってしまいます。言葉の話せない乳幼児期に難聴を発見することは難しいため、難聴と診断されるのが遅れることも多く、最近ではその対策して『小児難聴クリーニング』と呼ばれる生後間もない新生児でも簡単に受けられる検査を実施する病院も増えてきました。

小児難聴には、発症の原因によって『伝音性難聴』『進行性感音性難聴』や『混合性難聴』、そして、ストレスなどが原因と考えられる『心因性難聴』などに分けられます。小児難聴の場合、聴力が補える場合は補助器を使用し、また手術による治療が効果的と考えられる場合には、人口内耳の手術などが行われます。

特に乳幼児の場合には、話しかけた時に反応が鈍いと感じられる時は耳鼻科を受診し、診察を受けるようにしましょう。また、中耳炎にも気を付ける必要があります。入浴時やプールなどの水遊びの時には、耳に水が入らないようにし、耳を清潔に保つように注意しましょう。



上記の情報は、下記の方から提供頂きました。是非!ご覧ください。
>> 今野式難聴改善エクササイズ




a:688 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析